ccクリーム bbクリーム 違い

ccクリームとbbクリームの違いどっちがいいのか?

 

BBクリームの「BB」はBlemish Balmの略ですから、手術後や傷などの炎症を起こした皮膚を保護して炎症を抑え、傷痕をカバーしてきれいに見せるのが目的でした。
ですから、コンシーラーのリキッド版のようなもので、下の皮膚の色が透けて見えないような強力なカバー力があるのです。
何年か前に韓国コスメとして爆発的にヒットし、国内でも様々なBBクリームが発売され、今ではすっかり「ファンデーションの一部門」としての地位を確立しているといえます。
でも、コンシーラー的な役割が元々ですので、べったりしっかり塗っている感じが強いのは否めません。
顔全体に塗ると、ちょっと凹凸が寂しい感じに見えてしまうのも特徴と言えます。
それだけにシミやくすみ、ニキビ痕などをきちんとカバーしてムラのない肌感に見せられる、というところが人気が出た要因なのでしょう。

 

一方、CCクリームのCCは、Color Control(カラーコントロール)、またはComplete Corection(コンプリートコレクション)の略です。
ファンデーションとして塗るものなのに、美容液成分が入っていて肌に良く、日焼け止め効果もあり、さらに化粧下地として色ムラなどのカバーをしてくれるファンデーション、ということです。
ずいぶん欲張りなクリームですよね。

「完膚なきまでにカバーする」のが目的のBBクリームとの違いは、CCクリームは肌本来の色を生かしながら、色補正によって欠点をカモフラージュして、全体的に美しい皮膚に見せるものです。

また、美容液成分が多いので、肌の潤いを保ったり、シミやシワを予防すると言う効果もあります。
顔全体に塗って、きれいに見える上に「さらにきれいにする」効果も兼ね備えたパーフェクトなファンデーションと言えるでしょう。
さらにうれしいのが、自分の肌の色を生かすのでとてもナチュラルに見えること。
厚塗り感もなく、透明感のある質感でありながらあっという間に仕上がる時短メイクもできてしまう優れたアイテムなのです。

 

 

ccクリームとbbクリームの違いどっちがいいのか?といいますとどちらでもいいです
メーカーのいより使用簡易違いはありますし、個人の肌質でも合うものはちがってきます

 

 

CCクリームおすすめはここから

 

 



 

 

BBくりームおすすめはここから